読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネット離れする権利ってあるのかねえ?

 

 

  フシギなことにブログを放置しておいたら何だかアクセスが上がってきたのである。

         

「よく分からんね……」       

 f:id:sarabachi:20170314005325j:plain

  ワカラン・ブロガー  
  マエシンイチ

 

 

  アクセス分析によれば「ネット離れ」という検索ワードから、俺のブログにたどりつくらしいのだ。今はそういう事が分かるのである。どういう経緯でサイトに来て、どのページを巡り、いつ離れていったかも分かるので、そういうデータを元に集客数を伸ばす努力をすることは、人生にとってムダなことだと俺は思う。
 人生をムダにしているヒトには何を言ってもムダなので、そうした人たちが周りに多いから俺はだんだん無口になってきた。職場であまりクチもきかないのである。あなたの職場で無口な奴がいるんなら、もしかしたらそのヒトは俺かもしれないよ。そうそう、アイツ……ひとりぼっちのアイツ……

 アレ、何か暗くなっちまったなあ。なんだっけ。ネット離れだっけ。ネット離れか。そうだな。ネットなんかさ、やらない人は全然やらないんじゃないの。全然むなしいもの。実体が無いもの。俺に言わせりゃあ、デンキ代のむだ。だからせえの、で一斉にやめたらよろしい。
 っていうのはさ、アレは実体がないから一斉にパッとやめられるものなんだよね。画面もさあ、パッと消えちゃうでしょ。あれが一番ムナシイとこだ。写真ならさあ、引き出しにしまったってソンザイしてるでしょ。
 みんなでスイッチを切りゃあいいのにな。グーグルやヤフーがモトの電源をオフにしたらよくって、そうしたら何も見られなくなる。
 そうだよな。
 やめようやめよう。
 もう飽きアキだぜ。チカチカした広告はよう。
 ずいぶん儲けたんじゃねえのか。ここらがシオドキだ。けちけちするなよ。オールデリート、リセットでよいじゃねえか……
 っていう具合に、誰かエライ人に叫んでもらいたいですな。
 
 でもなあ、ネット離れみたいな現象が起きたとしても、ネットから離れてるからその現象はネットには現れにくいよね。
 それにこれだけ生活に食い込んでるともう、な。
 ウマく食い込ませたもんだよな。
 いちいちスマホをチェックするやつ。ようやるよ。
 わずらわしくてならねえよ。
 今すぐ調べたいことなんてメッタにねえよ。
 家でゆっくりやればよいじゃねえか。
 今すぐ調べられる機械があるから、今すぐ調べちゃうんで、無きゃ無いで特に調べたくもないことなんだろう!
 ……って電車内でいっつも思ってんだ、俺。
 たまに覗いてみたりもするんだ。
 ナニ一生懸命見てんだよって。
 ゲームかよ、って。
 こいつはニュースかあ、ってな。
 買い物かあ。
 LINEかあ。
 株のチェックかい、セイゼイ頑張れよってな。
 みんな大したもん見てねえの。
 なあんだ。シンパイして損しちゃった。
 
 ネットから離れていられる権利は残しておいてほしいものだ。
 っていうのはさ、この前の記事で、知る権利の逆、知らん権利って冗談で書いたんだけどさあ。もしかしてアメリカとか権利にウルサイところではあるんじゃないかなあ、知らん権。そういうハナシ無い? 知らない? 知りたくない情報はシャットアウトする権利。無理か。言論の自由にかかわってくるねえ。
 ともかくあのペカペカ動く広告はやめてほしいよなあ。眼球が強制的に動く方を見ちゃうんだよ。見たくもないエステの広告を。
 ふざけなさんな! 俺たちの眼球の自由を返してくれ!
 ……って電車の中でいっつも思ってんだ、俺。
 ホームに降りてもね。
 東京の地下鉄はウルサイ広告が多すぎるね。

 人気があるところ広告あり、さ。
 もはや広告のためにあるネットさ。
 でも欲しいものなんかめったにねえよ。
 欲しくもないものをむりやり欲しがらせてんだな、っていつも思ってんだよ、俺。
 だから、言いたくもないことをむりやりブログに書いてる……そんなことは無い。まさかねえ、たぶん。


  
 一瞬にしてすべて消えちゃうってところが、よくもあり悪くもあり、まあ信用できないので、実物主義・ネット嫌いの人はその辺がイヤなんじゃない。信用できないところが。
 実物主義のヒトは、ゲームなんかバカにしてるんじゃないかな。あれはすぐリセットできるから。
 簡単にdeleteできないのがジツブツだ。その辺がよくもあり面倒でもある。
 ジツブツの本を出版するよりブログを公開するのがラクだ。言うのにコストはかからない。言うのがタダ、下らんことでも書きやすいね。
 厳密にいえば全然タダじゃないけど。つまり手間が、人間の手間がかかってるからね。多くの人間が手間をかけると価値ってもんが出現するのはフシギなことだ。
 でも紙代、印刷代が無いのでまあ発表しやすい。
 おまえさんのゴミみたいなつぶやきも。
 カスのようなブログも。
 ハッハッハ!
 つまりウェブ世界では、物事が、じゃねえや、モノは無いんだ。コトが、現れやすく、変化しやすく、コピーされやすく、そんでもって消えやすい。
 アブクみたいなコトは、すぐ消えちゃう。安っぽさがあるのかね。すぐに消えてしまう不安がある。消えるかもしれん不信が。
 電子マネーと本物の札の違いかな。
 電子マネーってさ、なんかのはずみですぐ消えちゃいそうだね。
 だから給料なんか実物で……米俵で払ってもらいてえな、俺。
 果物とかな。
 そうすりゃあ働いたなって実感できるんだ。だって実感のジツは果物の実だもの。農家のヒトは収穫期に実績を実感できることだろう。老年になって農業を始める人々はさあ、コトに飽きてモノに行ったって感じじゃないの。
 
 こんなブログなんかさ、すぐ消せるもんな。選択してデリートして一発よ。マエシンイチなんて偽名なんだから、すぐ失踪しますよ。だから……ハハハ、読む側もあんまり真剣には読まないんじゃない。そうすると書く側も真剣に書かなくなるでしょ。何だか笑いにも力がこもらないよ。は、はは……
 まあブロガーと読者の信頼関係なんてモンはさあ……

 

 

 

f:id:sarabachi:20170510195911j:plain

 

 

           

       

 f:id:sarabachi:20170510200246j:plain

 力無く笑うブロガー
 
 
 

 

 そういう不信感が、ウェブ上に全体的にただよっているのだなあ。
 どう思う?
 俺にはそう見えるんだが、もともとが不信なタチだから、あんまり信用できない発言なのだ。なんてな、ハハ……



 そもそもパソコン自体がなんだかウサンクサイんだよね。
 っていうのはさあ、俺は絵を描くんですよ。ひとりぼっちのアイツは絵を描くんだよ。コンピューターじゃなくて紙に。


 

f:id:sarabachi:20170510205702j:plain

 
 

 どう? まあまあウマいだろう。
 こういうウマいだけのデッサンを発表しているブロガーもいるね。スゲーだろうってな。人生のムダだ。つまらん自慢なんて聞かせないでほしいな。
 ええと、なんだっけ。
 美少女にキスして、じゃねえや。何だっけ。
 美少女が……
 そう、かわいい小学生っているよなあ。何ていうか筋肉に罪がないよね。無邪気な脚で走り回ってさあ。公園の噴水の出る周りでハシャいじゃって、まあよっぽど誘拐しようかと俺は思った。その思いは信用できる。それだけが俺にとってのリアリティ、っていうかどうして美少女が出てきたかといえば、まあアニメ美少女のせいだろうね。フィギュアで売られてるやつ……
 
 アッチの方はだいぶウサン臭いぜ……だいたい鼻が無いからな。つまり鼻くそを入れる場所がねえってこと。人間ならだれしも鼻くそは出るものだ。頭からフケが出るものだ。足の爪のアカはくさいもので、ひでえもんだ。それが人間というものであって、しかるにアニメ美少女からはそういったケダモノ臭さがすべて捨象され、いいトコどり、かわいいトコどりなので、かわいすぎてキモチがワルイ。キモチワルイ男性のユメだよ。もともとそういう意味のものだと思うけどな。顔のパーツや体の劇画化の仕方が、そういう意味の形をつくっている。
 なんだか最近はそういう「かわいさ」が色んなところに浸透してきて気持ち悪いよ。鼻につくんだ。俺のジマンの鼻にな……
 


 かわいい少女が鼻に……

  

     f:id:sarabachi:20170510232634j:plain

 

 

 

 

ほら……

 

        f:id:sarabachi:20170510232653j:plain

 

 

 

……ね?

         

    f:id:sarabachi:20170510232709j:plain

 


 

  

 こういう少女の顔に、いちばん不釣り合いなのはシッカリとした鼻なのである。
 
 でさあ、さっきっから紙に絵を描くこととコンピューターで絵を描くことの違いを、アニメ美少女にからめて考えようとしたんだが、だんだん面倒くさくなってきた。
 ハッハッハ!
 少女に鼻をつけたら、もういいやってなってきちゃった。
 

       f:id:sarabachi:20170510235654j:plain
 「なんじゃそら……」
 
 
 
 

 

 つまりこの少女の顔を見れば……
 

 

 このイメージに違和感を感じるとすれば、鼻以外の部分が表そうとすることと鼻が表そうとすることに喰い違いがあるからである。こういうマンガ的なかわいい少女を描く場合、ある程度形式は決まっている。たとえば眼は大きく輪郭に角は少なく鼻は小さく……とその辺は研究者がホカにたくさんいるだろう。
 様式があるのだ。
 一定の、はみ出してはいけない形式がある。
 形式というのは考えるとむずかしいことである。
 むずかしいことを書こうとすると改行が増えるねえ。
 形式的に見ることと、形式ナシに見ることを分けて考える。
 形式的に見るとは、ある法則で固定して見ることである。
 「マンガ的なかわいい少女」の形式にのっとっていればその顔はかわいく見える。
 その形式を知らない外国人が見れば、化け物に見えるにちがいない。
 立場を逆にすれば、我々が知らない国の彫像や古くに描かれた美人画などを見る際、その美の形式を知らないがため、美しく見えないので、平安時代の貴人は変な顔をしていたのだなあ! とビックリして死んでしまう。
 また逆にすれば、平安時代の貴人が現代に来て、アニメの美少女を見れば、変な顔をしているなあ! とビックリして死んでしまう。
 眼は大きければよい形式になっているので、他の時代にはヒゲが生えているのがよいことだったろうし、或いはイタリアの女性はワキ毛を生やすらしいが、それはワキ毛の美しさを知っているということである。だからハゲが美しいことにもなりかねなくて、別になったって俺はかまわんよ。
 
 要するに形式的にモノを見るとは、形を捉えると同時に、何か言葉に近いものを受け取ることのようだ。
 マンガ的な形式で読み取るならば、上のイメージは「かわいい少女の顔」という意味を表そうとするが、形式からはみ出した鼻が邪魔をする。鼻は別の言語で描かれていると考えたらよい。
 
 だから形式というのは、形(構造)ーその意味(働き)の結びつきのことを言うのだね。別にカオじゃなくても形式はあるので、たとえば自転車は自転車の働きをするために、ああいう形でなくてはならない。ある程度アソビはあるものの基本的な型を逸脱すれば自転車の働きは無くなってしまう。そのしばりが自転車の形式なのである。
 
 我々はモノを見る際に何らかの意味を読み取ろうとするので、そうすると、あれえ? 形式ナシにものを見るとはどういうことかって問題があるな。
 まあ、ほっとこうかな。
 今日はもうおしまい。
 ブツ切れだね。

 

 
 

         f:id:sarabachi:20170511021759j:plain

 

 

 しかしまあ顔っていうのはふしぎだ。
 表情から心が読めるってところがな。
 顔(形)ー心(意味)という構図のことだよね。
 次回は顔について書こうかな。
 

 

 

 

 

 

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 これは最新の記事です。

 

 前の記事

maeshinnichi.hatenadiary.jp